忘れずに登録しよう!自転車の防犯登録

よくある質問

結婚して名前(姓)が変わった、転居(埼玉県内)したので住所変更をしたいのですが

埼玉県の交番又は警察署の窓口、自転車防犯登録取扱所(自転車販売店)で変更受付をしております。
変更届は、所有者が変わらず、その登録情報の変更をする際に行う手続きです。譲渡等で所有者が変わる場合は、旧登録の抹消と、新しい番号での再登録が必要です。

埼玉県の防犯登録をつけていますが他県に転居します。必要な手続きは?

防犯登録は都道府県ごとに管轄が異なりますので、登録者への自転車返還手続きや抹消・変更等の手続きを円滑に行うため、居住地での登録を推奨しております。転居前に埼玉県の防犯登録を抹消し、転居後新たな住所地で防犯登録をつけて下さい。

防犯登録の抹消をしたいのですが。

埼玉県の交番又は警察署の窓口、自転車防犯登録取扱所(自転車販売店)で抹消受付をしております。交番・警察署での受付は、登録者ご本人のお手続きに限ります。

※ 手続きに必要なもの

  1. 自転車本体
  2. 身分証明書
  3. 防犯登録カード(所有者控)

防犯登録が8年以上過ぎている自転車も抹消は必要ですか。

有効期間が過ぎている自転車については、すでに埼玉県警から登録者情報が自動的に抹消されているので、抹消手続きの必要はありません。

埼玉県外(他都道府県)の防犯登録の変更・抹消をしたいのですが。

防犯登録は都道府県ごとに管轄及び取扱い方法が異なりますので、各都道府県の自転車防犯協会にお問い合わせ下さい。

自転車を他人に譲渡したい

譲渡する前に必ず、現在ついている防犯登録の抹消手続きをお願いします。一つの車体へ同時に複数の所有者情報登録することができません。抹消せず譲渡すると、二重登録になってしまい、次の所有者は新しい防犯登録をつけることができません。抹消手続きの後、譲渡証明書を作成し車体と一緒にお渡し下さい。

前の所有者の防犯登録がついたまま自転車の譲渡を受けました。防犯登録はできますか?

前所有者の登録がついたまま新しい登録をつけると、前述の通り二重登録になるため、抹消手続きが必要です。自転車本体、譲渡証明書と合わせ、現登録の防犯登録カード(所有者控)を一緒に受け取ってください。お近くの自転車防犯登録取扱所(自転車販売店)にて旧登録抹消と新規登録の手続きを同時に行うことができます。

※ 手続きに必要なもの

  1. 自転車本体
  2. 身分証明書
  3. 譲渡証明書
  4. 防犯登録カード(所有者控)

他人から自転車の譲渡を受けました。防犯登録の名義変更をしたいのですが。

所有者が変わる場合、既存の防犯登録番号を継続して使用できません。そのため、前所有者の防犯登録抹消手続きと、新所有者の新規登録が必要です。

自転車の譲渡を受けた後、自分の防犯登録をつけるにはどうすればいいですか?

登録は、最寄りの自転車防犯登録取扱所(自転車販売店)でつけることができます。譲渡を受ける前に必ず、現在ついている防犯登録の抹消手続きが完了しているか確認し、車体と一緒に譲渡証明書を受け取って下さい。

※ 手続きに必要なもの

  1. 自転車本体
  2. 身分証明書
  3. 譲渡証明書

前の持ち主がわからない自転車に防犯登録をつけることはできますか?

防犯登録の抹消ができませんので、その自転車には自分の防犯登録を付けることができません。

会社や企業、団体名での登録は可能ですか?

登録可能です。防犯登録カードに会社(企業・団体)名を記入すると登録することができます。しかし、会社名と合わせて個人のお名前(例:株式会社〇〇 代表取締役 埼玉太郎 など)が記入されると、正しく登録ができない、または個人名義での登録になってしまうことがありますので、登録時は会社(企業・団体)名のみの記入をお願いいたします。

リサイクルショップ、通信販売(インターネット販売)で自転車を購入しました。防犯登録はどこでつけられますか?

お近くの自転車防犯登録取扱所(自転車販売店)で防犯登録をつけることができます。自転車購入が確認できる領収書、領収書がない場合は、販売証明書を購入店に依頼しご用意ください。

関連項目:お店に持ち込み自転車の防犯登録はできないと言われてしまいました。

※ 手続きに必要なもの

  1. 自転車本体
  2. 身分証明書
  3. 領収書又は販売証明書(販売店名・商品名・車体番号が記載されているもの)

PAGE TOP